トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  森ちゃんのピアノ修理ブログ

森ちゃんのピアノ修理ブログ

勤務年数30余年!大ベテランの森ちゃん】によるピアノ修理のブログです!
過去に行った様々な修理の事例を写真付きでご紹介いたしますので、是非ご参考にしてください!

2016年11月 3日 森ちゃんの修理ブログ#16アポロの名器 A-360

今回紹介するピアノは東京都のF様所有の「アポロ A-360 1977年製」です。 此のピアノは、「チーク」というピアノとしては珍しい木材が使われております。 チーク材は高級列車として知られる「オリエント急行」や20世紀を代表する豪華客船「クイーンエリザベスⅡ号」の内装などにも多く使われた世界の3大銘木の一つです。    &nbs

>> 続きはこちら。



2016年10月 6日 森ちゃんの修理ブログ#15アポロ A-7 昭和45年5月29日生産・出荷(私は未だ社員ではありません)

  今回は此のピアノと一緒に戦後昭和史の一部を紹介しましょう。今回のピアノは昭和45年(1970年)生産・出荷の46年前のピアノです。 この時代のピアノを感慨深く見るのは、私だけでしょうか。今、1970年と聞いてああそうだったのかと思う方はどれほどおられるのでしょうか。 私は昭和28年生まれで当時高校3年でした。昭和4

>> 続きはこちら。



2016年8月24日 森ちゃんの修理ブログ#14 ご実家からの引っ越しです

こんにちは 森です。ご無沙汰いたしております。 今回のお客様 I様は千葉県N市のご実家より大阪S市のご自宅までの移動です。I様より電話でお伺いした状態から判断した森ちゃんの診断は、ケース部分補修+内部修理クリーニングです。本来ならお伺いしてピアノを検品して修理コースを決定し、金額を見積るのですが、出張するとその費用が修理コストに加わるので

>> 続きはこちら。



2016年5月 6日 森ちゃんの修理ブログ#13 ―森ちゃんに頼んで解る本当の姿―

実家でご両親に買っていただいた思い入れの1台です。製造番号から見ると1984年製造のようで、30年ほど経過しております。見事に白く曇っておりこれではお嬢様がお使いになるには、どなたでも抵抗があるのではと思います。       横から見たところもやはり同様に曇っております。右側の修理後の写真と見比べてください。これで全塗

>> 続きはこちら。



2016年3月26日 森ちゃんの修理ブログ#12 私は誰でしょう

本日は3月26日。お久しぶりです。年金生活者の私は稼働日が少なくてなかなかブログUPができなくてごめんね!お詫びに私のあほニュースをお届けします。笑ってください。一服の清涼剤になれればと思っています。― 今週のトピックス 「あほな1週間」 ― 先週、貯まった年金をはたいて\\200,000で購入したGグループが、3/18(私の休日です会社をサボった訳ではあ

>> 続きはこちら。



2016年1月13日 森ちゃんの修理ブログ#11 タフ ガイ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 今回の修理のピアノは全くタフなピアノですが、納品も頑張りました。かつての裕ちゃんの様にタフなお二人でした。さあ此のピアノは以前のブログのどのピアノでしょうか?ぶっとい無垢の6本支柱と無垢厚板の桁張りがヒントです。こんがりとした日焼けが往年の活躍の様子を物語ります。さあ~いくで~!なんや此の

>> 続きはこちら。



2015年11月12日 森ちゃんの修理ブログ#10 びっくりポンや

今回は東京都S区M様、私と同じイニシャルです。写真を御覧下さい。 びっくりポンや!これがあのピアノかと思うくらいです。 ピアノはベルトーンNo.55、皆様にはなじみの少ないピアノです。 かなりの年代物で、正直いつの製造か判りませんが、製造メーカーの富士楽器製造㈱は昭和43年に廃業しておりますので、それ以前の製造になります。 また、このピアノはぺタルが2本でし

>> 続きはこちら。



2015年10月20日 もりちゃんの修理ブログ#9 幸せだなぁ

お客様から御礼のメールをいただきました。 修理の担当窓口になって本当に良かったなと思います。 ―しあわせだなあ―と感じる此の頃です。 お客様よりご許可いただきましたので、紹介させて頂きたいと思います。 T様有難う御座いました。 千葉県 A市 T様のお便り お世話になります。 25日、ピアノを搬入していただき、無事に我が家のリビングにおさまりました。 運送会

>> 続きはこちら。



2015年10月 2日 森ちゃんのブログ#8 「ヘンシーン」 

#7に続き今回も卒業のピアノのお話です。 アポロA-5黒艶出し製番38XXX 栃木県A市の御実家より千葉県A市に引っ越すT様の昭和46年生産のピアノです。 この年TVでは仮面ライダーの放送がが始まり、藤岡弘さんがご活躍されていました。 藤岡さんは毎週「ヘンシン」しておられましたが、このピアノは初めてのヘンシンです。 当時のピアノの塗料として使われて

>> 続きはこちら。



2015年9月26日 森ちゃんの修理ブログ#7 「すったもんだがありました」

※このブログは、修理ブログ#2 アッと驚く為五郎(脚の修理) 森ちゃんの修理ブログ#4 ふつうの女の子に戻りたい の続編です。  N市のD様のボールドウィンが卒業となりました。 おめでとう御座います。 N市(前回O市と間違えておりました。)の親元から東京での第二の人生が始まります。 このピアノは本当に色々ありまして、思い出深い1台となりました。  当初脚

>> 続きはこちら。



2015年9月 8日 森ちゃんの修理ブログ#6 ちょっとだけよ、あんたも好きね

今回は修理の内幕を「ちょっとだけよ」   前回、#4 ふつうの女の子に戻りたい の回でO市のD様のハンマーパンク発見の顛末についてお話しましたが、工場よりハンマーができてきました。 まっさらな新品ハンマーです。 見本に角度の変わり目のハンマーを6個程技術者に渡し元のハンマーそっくりに作りました。       次はハンマーの

>> 続きはこちら。



2015年8月26日 森ちゃんの修理ブログ#5 古い奴だとお思いでしょうが

今回のお客様は千葉県S市のU様です。ご依頼のピアノはタイガー モデル88です。タイガー楽器KKは、昭和29年設立。 前身は昭和24年頃の山葉楽器製作所。タイガーは㈱ヤマハの創業者山葉寅楠の名前からつけられ、最終的に山葉寅楠の孫の寅雄氏によって設立される山葉商会に引き継がれてゆきます。修理内容は全塗装と当時の象牙の漂白研磨・内部修理クリーニングのコースでお受け

>> 続きはこちら。



2015年8月 5日 森ちゃんの修理ブログ#4 ふつうの女の子に戻りたい

今回は題名の通り、「ふつうの女の子に戻りたい。」 え!! ではなくて、「ふつうのピアノに戻りたい」と声が聞こえましたというお話です。7月30日の、森ちゃんの修理ブログ#2 アッと驚く為五郎(脚の修理)の続編です。 脚の修理は完璧。 自信作でしたが、ピアノをチェックしておりましたら、かすかに声が聞こえます。 「ふつうのピアノに戻りたい・・

>> 続きはこちら。



2015年8月 5日 森ちゃんの修理ブログ#3 老兵は死なず

 今回は愛知県のN市のk様よりご依頼が御座いました。 千葉県U市にお住まいのお嬢様のお子様に30年程お嬢様が愛知県のご実家で弾いていたトーカイのアップライトピアノです。 修理後のピアノをご子息が弾いている所の写真を戴きました。 真剣に練習している様子が伝わってきますね。 実は私が子供の頃は(浜松の片田舎の出身です)、周りの家庭でピアノを見

>> 続きはこちら。



2015年7月30日 森ちゃんの修理ブログ#2 アッと驚く為五郎

こんにちは、今回はN市のD様のボールドウィンです。足が折れたので直して東京のお子様のところに送りたいとのご依頼です。 工場到着時の写真を御覧下さい。 脚を持って動かすと確かにぐらぐらします。D様もこのままでは危険だとお思いになって取敢えず接着剤を付けて固定しようと思われたのでしょう。確かに危ないです。 修理後の写真を御覧下さ

>> 続きはこちら。



2015年7月25日 森ちゃんの修理ブログ#1 初めてブログを書きます

初めてのブログです。修理担当のMです。この道35年、自分ではピアノのことは知り尽くしたと自負しております。同級生は殆ど定年になりつつあります。年金を掛け続けて40年近くなり漸く戴けるようになりました。おつりの人生で少しでもピアノをお使いの方の為にご恩返しをと考える此の頃です。今まで工場から巣立って行ったピアノの次の活躍の道を開いてあげるのも一つのご恩返しと、

>> 続きはこちら。