トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  営業部  >  東洋ピアノ製造 新たな幕開け

東洋ピアノ製造 新たな幕開け

2014年6月24日

こんにちは!営業部の長坂です!
さて、今回は以前にタイトルに掲げたとおり、東洋ピアノ製造新たな幕開けというタイトルでお送りいたします。

これまで弊社では創業以来約65年間製造業としてピアノの製造と、販売店様に対する卸売業を主軸として会社を営んできました。
しかしながら、残念なことではありますが日本のピアノ産業はここ30年以上、縮小の一途をたどっております。
弊社も例外ではなく、工場の規模や生産台数も全盛期と比べると縮小しました。

しかし、会社の規模が縮小した今だからこそ、より細やかなニーズに対応した痒いところに手が届く物作りのできるメーカーであると自負しております。
先日弊社が始めたオーダーメイドピアノの制作やピアノの修理、リニューアルがそれに当たります。
(詳しくはこちらをご覧ください オーダーメイドピアノ, 修理 )
長年製造業として培ってきた技術力があるからこそ、良い物をお求めやすく提供させていただく事がで可能なのです。

そんな弊社がこれからしていく事は何かと考えたときに行き着いた答えが小売業への参入です。
弊社の特徴を生かして、これから弊社はSPA(製造小売業)(注1)として新たな一歩を踏み出すことになりました。
これからは、販売店様に商品を卸すだけでなく、直接お客様のお声に耳を傾け、お客様のお声を反映させたうえで上記のような強みを生かした物作りを行い、世界に羽ばたく最高のピアノメーカーを目指して参ります。



SPAとして主に行う活動は2つあります。

①インターネット通販サイトの立ち上げ

小売のノウハウが全くない私達がいちから小売業を始めるに当たり、我々としても低コストで、かつ抑えた経費を価格に還元し、お客様に本当に良い物をよりお求めやすい価格で提供する手段として、やはりインターネットの利用が欠かせないと考えました。
「インターネットでピアノを買うのか?!?!」そう思われる方が非常に多いのではないでしょうか?
正直私自身非常に驚きましたが、楽天市場、yahooショッピング、アマゾンなどでは新品、中古ともにたくさんのピアノが購入できる環境にあります。
家に居ながら非常に沢山の商品を短時間の間に比較でき、その場で購入できてしまうというのは、やはり大きな魅力なんですね。
現在私が最優先で進めているのが楽天市場への出店業務です。
すでにラインナップも確定しており、今月下旬には弊社の楽天市場店がオープンする予定です。
こちらがオープン出来次第、順次yahooショッピング、弊社webサイトの通販サイト化を進めていく予定です。
ここまで書いておきながらこんな事を書くのは矛盾しているかもしれませんが、ひとつ取り違えないでいただきたいのは、インターネットの通販サイトの運営は、より多くのお客様のニーズにお応えするための手段にすぎないという事です。
アコースティックピアノは1台1台に個体差があります。タッチ感や音色というのは、実物を見て、触れて、感じて頂かないとなかなかわからない部分です。
お時間に余裕があれば、やはり実物に触れて頂くのが一番です!是非一度弊社ショールームへお越しいただければと思います。

②弊社ショールームの小売店としての展開





ご存じない方がほとんどだと思われますが、実は竜洋町にある本社内にはピアノを常時20台以上展示しているショールームがございます。
しかし、弊社は製造メーカーであったためこれまでは一般のお客様に対する紹介はほとんど行っておらず、小売店様の紹介で、小売店様の販売員の方がお客様と共にお越しいただくというスタイルを取っておりましたが、先日正式に一般のお客様が事前予約なしにショールームにお越しいただける環境を整えました。
また、今回低価格帯の中古ピアノをラインナップ致しました。
一番お求めやすいものでなんと¥148,000(税別)のピアノもございます!
はなから「電子ピアノで十分」と決めつけず、アコースティックピアノも視野に入れてご検討いただければ幸いです。
営業時間、在庫状況等詳しくはこちらをご覧ください。

かなり長文になってしまいましたが、ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。
もし、弊社のピアノにすこしでも興味をお持ちいただけたのであれば御足労ではございますが是非弊社ショールームまでお越しくださいませ。
従業員一同心よりお待ち申し上げます。



(注1) SPAはどちらかというと、元々小売業を行っている会社が、お客様の生の声を知っている強みを生かし、製造(製造自体というより自社ブランドを立ち上げて製品の企画をする)に参入し、製造から販売まで一貫して行う事を指すのが一般的な使い方だと思いますが、お客様の生の声を知り、物作りに反映させていくという意味では同じであると考え、あえて使わせて頂きました。

最近のブログ記事