カホン

2014年6月10日

こんにちは!営業部の長坂です!

 
最近、昔のバンド仲間のY君に、アコギとカホンでセッションしてみないかと誘われ、カホンを始めました(^o^)
カホンとはという方はこちら
 
一見ただの四角い箱なのですが、打面の裏側に弦かスナッピーが張ってあり、たたくとバシッとしたメリハリのある乾いた音がします。
たたく場所やたたき方によっても、想像以上に音が変化します。
 
上のほうを軽くたたくと、コンコンという音。ドラムで言うハイハットの役割の音。
少し上の方をたたくと、バシッとした音。ドラムで言うスネアの役割の音。
真ん中に近いところをたたくと、ドスっという音。ドラムで言うバスドラムの音がします。
 
直接手でたたけるため、ドラムに比べてより直感的で、ドラムをたたいていてもなかなか思い浮かばないようなリズムパターンがすらすら出てくるとても楽しい楽器です(^o^)
また、カホンはあまり常識やルールにとらわれない自由度の高い楽器なので、いろんな楽器とのセッション出来るのも魅力のひとつですね!
 
そして、驚く事にこのカホン、どれも同じような木箱に見えるのですが、値段は物によって5,000円位から70,000円位まで割りと幅があります。
 
5000円位の物だと多くは打面は合板になっており、弦の張り方も割といい加減だったりするので、たたくとベーンベーンと変な音がしますが、高価なものだと1枚板の打面を使用しているためよりはっきりとした音が出ます。
また、物によっては横にダイヤルが付いており、弦の張り具合を変えて音に変化をつけられたり、座面に滑り止めの加工がしてあり安定性が増したりします。
 
このような工夫と手の掛かった作りこみにより音質や演奏の楽しさが格段に変わります。
 
ただの木箱にみえますが、やはり、カホンも例外なく高いものには高いなりの理由があるんだなぁとあらためて痛感しました!
 
カホン.JPG
 

最近のブログ記事