トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  営業部  >  森ちゃんの修理ブログ#2 アッと驚く為五郎

森ちゃんの修理ブログ#2 アッと驚く為五郎

2015年7月30日

こんにちは、今回はN市のD様のボールドウィンです。足が折れたので直して東京のお子様のところに送りたいとのご依頼です。


 

工場到着時の写真を御覧下さい。


 

脚を持って動かすと確かにぐらぐらします。D様もこのままでは危険だとお思いになって取敢えず接着剤を付けて固定しようと思われたのでしょう。確かに危ないです。


 

修理後の写真を御覧下さい。


 

専用の接着剤を折れた部分にきっちりと入れて圧着しました。割れたところに補強のボルトを入れて頭を埋め込んで埋め木して塗装しました。脚を持って動かしてもビクともしません。メーカーの担当が言うのも変ですが、結構直せるものですね。


 

以前屋根の接着剤が劣化して剥がれて、落っこちかけたピアノが入庫したことがあります。でも脚の折れたピアノの修理のほうが大変でした。親板(ピアノのサイドの大きな板)が剥れかけたピアノも有りました。でも技術のある方がきっちり直せば殆どのピアノは甦ります。


 

お客様が甦ったピアノを弾いて喜んで下さることが私の修理担当としての喜びです。100%直せるとは言いませんが、ある程度まで可能だと思って下さい。ではまたごきげんよう。


 

最近のブログ記事