トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  営業部  >  森ちゃんの修理ブログ#5 古い奴だとお思いでしょうが

森ちゃんの修理ブログ#5 古い奴だとお思いでしょうが

2015年8月26日

今回のお客様は千葉県S市のU様です。ご依頼のピアノはタイガー モデル88です。



タイガー楽器KKは、昭和29年設立。
前身は昭和24年頃の山葉楽器製作所。タイガーは㈱ヤマハの創業者山葉寅楠の名前からつけられ、最終的に山葉寅楠の孫の寅雄氏によって設立される山葉商会に引き継がれてゆきます。



修理内容は全塗装と当時の象牙の漂白研磨・内部修理クリーニングのコースでお受けしました。
この辺のピアノは、遠州地方のピアノ製造の歴史の中で生まれたピアノで、貴重な一品です。



外装部品は無垢材が多く使われ、堅牢なな支柱組み・独逸のレンナーによる内部機構・マークに描かれたタイガーの顔など、当時の技術者の意気込みが伝わってきます。







U様より甥子様の手に渡る予定ですが、浜松にお住まいとの事で何十年ぶりかの里帰りとなるのも何かに因縁でしょうか。



さてこのピアノは弊社のホーチミン工場にお化粧の為渡航します。
お化粧が終わったら、本格的に内部修理と象牙のお化粧をする為、本社工場に帰ってきます。
なぜならワシントン条約の為税関を通関できません。

※象牙鍵盤のみ条約につき通関できないため、象牙鍵盤は本社工場で保管し、鍵盤を外した状態の本体をベトナムに輸出。


いったいどんな姿に生まれ変わるのでしょうか。
私も楽しみですが、このブログを御覧になっている皆様にも後日報告致します。



「古いピアノだとお思いでしょうが、古いピアノ程新しいものを欲しがるもので御座います。」
ちなみに鶴田浩二も浜松の出身と聞いております。

では、ごきげんよう。



「古い奴だとお思いでしょうが」 ― 昭和46年 鶴田浩二 ― 



最近のブログ記事