トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  品質技術部  >  ピアノ組立 -内部編 其之四-

ピアノ組立 -内部編 其之四-

2014年1月20日

こんにちは。
これまで3回連続でお送りしてきたピアノ組立 -内部編- は今回でいよいよフィナーレをむかえます。今回は鍵盤取付、マフラー取付です。



まず、鍵盤の取付位置を決めます。
基準になる位置は次の2つです。



鍵盤の前後位置は、鍵盤と口棒(鍵盤の前にある棒)の隙間で決定します。
隙間が均等になるように、隙間に治具をはさみ、位置を出します。

この隙間が少なすぎると、鍵盤を押した時、口棒に接触して鍵盤が上に戻ってこなくなってしまいます。



鍵盤の左右位置は、アクションとキャプスタンが揃うように調整します。



鍵盤の位置が決定したら、鍵盤の下にあるレール(鍵盤筬)をビスで固定します。
レールは前、中、後と3本あり、それぞれ5箇所で、棚板にビス止めします。
弊社のこのサイズのピアノの場合、キーNo.1, 21, 42, 61, 88付近の鍵盤を取ると、鍵盤固定のプラスネジが見つかります。



鍵盤取り付け完了しました!



あとは、マフラーを取り付けて完成しました (最後はあっけなかったですね...)。

思いのほか長期連載になりましたが、お付き合いいただき誠にありがとうございました!!
これであなたもピアノの内装組立ができるかも!?



この後は、いよいよ外装の最終組立(再付工程)となります。
はたしてどんなピアノができるのか!?
乞うご期待!!



最近のブログ記事