トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  品質技術部  >  ピアノができるまで パチパチ編

ピアノができるまで パチパチ編

2014年4月 3日

はたしてこんなのなのかっ!?

こんにちは、品質技術部のウマーです。
今回は「パチパチ」について話したいと思います。
ところで、「パチパチ」って一体何?



アクションを取り付けた後、ダンパー取付の工程に入ります。
「パチパチ」とはダンパー取付の一工程で、ダンパーフェルトが弦を垂直に押さえるように、ダンパーブロックの角度を調整する工程です。



なんで「パチパチ」と呼ばれているのでしょう?
弦に対してダンパーブロックが垂直になっているかどうかというのは目視では確認しにくいため、弦とダンパーブロックの間に治具をはさみ、ダンパーブロックが治具に当たる時の音の違いを聞いて調整します。

ダンパーブロックが弦に対して垂直でなく、角のほうが当たる場合は、「カンカン」という音がします。

一方、ダンパーブロックが弦に対して垂直になっている状態では「パチパチ」という
ダンパーブロックの面全体が当たっているため、こういう音が鳴るのですね。
ちょうど、平手打ちが綺麗に決まったような音をご想像下さい!(^o^;)
Oh~!



この工程をしっかりやらないと、ダンパーフェルトの一部分で弦を押さえてしまうため、音の止まりが悪くなってしまいます。
こういった細かい一つ一つの工程がピアノを形作っているのですね!



一番右が調整されていないダンパーブロックです。前の2つは「パシッ」という高い音が入っているのですが...ちょっと分かりづらいですかね?

以上、品質技術部のウマーでした!



最近のブログ記事