トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  らんで部  >  はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第02回

はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第02回

2014年5月23日

よいこのみんな、よいこにしていたかな?
はかせ』じゃよ!





最近、助手の じょしゅA (ジョシュア) がスマートホンでビデオをとることが多くなってな。
三脚にとりつけられるアタッチメントを作ってみたんじゃ!
かんたんにできるから、みんなも作ってみるとべんりぢゃぞ!
(三脚にとりつける部分のナットはサイズは、【ウィット1/4】ぢゃ!)



そんなことはさておき、前回は、つぎの3点を説明したな。
(1) いまピアノはアップライトピアノグランドピアノ2種類あること。
(2) グランドピアノのほうが先にうまれたこと。
(3) アップライトピアノとグランドピアノのなかみのちがい。

わすれた君は、もういっかい前回のおさらいぢゃ!
はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第01回



今回は、『音がでるまで』の説明をするゾ!
これはアップライトピアノもグランドピアノもおなじぢゃ!



ここでは次の4つにわけて説明することにする。

(1) 鍵盤(けんばん)
(2) アクション(ピアノのなかのカラクリ)
(3) 音をだす部分(弦、こま、きょうばん、など)
(4) ダンパー(音をとめる部分)




アップライトピアノのばあい。


グランドピアノのばあい。

まず、じっさいピアノをひくときを想像してくれたまえ。
けんばんをおすと、なかのアクションがうごく。
これは前回のビデオを思い出してくれ。
すると、アクションのなかのハンマー【弦】をたたく。
たたかれた弦はブルブルと振動し、その振動(音)が、他の音をだす部分につたわり、大きな音をだすのぢゃ!
ギターやバイオリンなどの【弦楽器】とくらべてみるとわかりやすいかもしれんの。
さいごに、おしたけんばんをはなすと、ダンパーが弦の振動をとめて、音がとまる...

と、こんな感じぢゃ!



このおおまかな動作は、アップライトピアノもグランドピアノもおなじなのはもちろんのこと、いまから600年以上も前にうまれたピアノの先祖の【クラヴィコード】でもほぼおんなじなのはおどろきぢゃ!(ダンパーのしくみはちがうが...)



今回は『音がでるまで』のピアノの動きを勉強した。
学校の音楽室などにおいてある、ほかの楽器のしくみとくらべてみてもおもしろいゾ!

つぎからはよりくわしく、アップライトピアノとグランドピアノのちがいをくらべていくゾ。
次回は『アップライトピアノの構造』ぢゃ!



では、また2、3週間後に会おう!



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
はかせののんびり教室ピアノのしくみ編】は全15回で予定しております。



最近のブログ記事