トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  らんで部  >  はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第04回

はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第04回

2014年7月11日

よいこの諸君、こんにちは、なのぢゃ!
【はかせ】ぢゃよ!



最近、はかせのラボ(研究室)のまわりでは、
まつりだ、まつりだ!
とやけにあわただしくなってきておる。
なんでも【アポロまつり】なるまつりを、8月2日(土)に行うそうじゃ!

じつはなぁ...
はかせはこういうお祭りごとが、大っすきなのぢゃ!!
というわけで...

【はかせ】もアポロまつりに出演するぞっ!
じょしゅA (ジョシュア) くん!さっそく出演交渉をしてくれたまえ!!



コホン!
とりみだしてしまったわい。
では、前回の復習からはじめるゾ。

前回 はアップライトピアノのアクションの中でも、特に重要なパーツについて説明したな。
今回は、それらの動きを制御(コントロール)するパーツについて紹介するゾ!



バランスピン (英balance pin)

鍵盤の前側(ゆびでひくところ)と後側(ピアノの中)は、前を押せば後ろは上がり、前を押すのをはなせば後ろは下がる、という【シーソー】のようなうごきをしておる。
その【シーソー】のうごきの支点(中心)となるのが【バランスピン】ぢゃ!



断面。



動かしたとき。



フロントピン (英front pin)

バランスピン1ヶ所だけだと、鍵盤は【シーソー運動】もするが、ピンを中心に円運動(クルクル回る)もしてしまう。
ちょうど【回旋塔(かいせんとう)】とおなじしくみぢゃ!(上下にも円にもうごく)



その円運動をさせないように道案内するのが【フロントピン】ぢゃ!



断面。



動かしたとき。



パイロット(キャプスタン) (英pilot / capstan)

前回でてきた【鍵盤】から【ウィペン】に力をつたえるパーツぢゃ!
大きなアップライトピアノは大体、木製
大きなもので、小さなピアノは金ぞく製の小さなものがついておる。

また、このパーツはネジになっており、上下位置を調整することで、ピアノのセッティングを調整できるのぢゃ。



ジャック (英jack)

鍵盤】から【ウィペン】に伝わってきた力を、さらに【ハンマーバット】に伝えるのが【ジャック】ぢゃ!

この【ジャック】のしくみはかんたんぢゃが、うごきはふくざつぢゃ!
次の【レギュレティングボタン】のところで説明するゾ!



レギュレティングボタン (英regulating button)

赤丸でかこんだパーツが【レギュレティングボタン】ぢゃ!
鍵盤】を押すはじめのうちは、【ジャック】は【ハンマーバット】を押し上げているのぢゃが...



ジャックのおしり(ジャックテイル)』が【レギュレティングボタン】にぶつかると、【ハンマーバット】の下から【ジャック】が外れ(エスケープ)、【ハンマーバット】を押し上げるのをやめる
そして【鍵盤】を押すのをやめると、【ジャック】がふたたび【ハンマーバット】の下にもどるのぢゃ!

このしくみが、ハンマーがピアノ弦にぶつかる時間やスピード(運動量)をきめておる。

このパーツもネジがついており、ここも調整可能なところぢゃ!



スプーン (英spoon)

ウィペン】の奥の方についている、【ダンパー】に力を伝える『スプーン』のようなかたちのパーツぢゃ!

ペリー君の記事 も参考に見てくれ!
まさしく『スプーン』ぢゃろ!?

ワシはこの『スプーン』でプリンを食べたことがあるゾ!!
やってみたいキミは、ぜひ我がラボへ来てみたまえ



...コホン...はなしがそれてしまったワイ!

スプーン】が【ダンパー】を押しはじめると、【ダンパー】が上がり、ピアノ弦が自由になるのぢゃ!

スプーン】は前後に曲げることで、ダンパーのうごきはじめるタイミングを調整できるようになっておる!



今回は内容的にたくさんあって、たいへんだったかな?
ペダル】も説明したかったのぢゃが、ちょっと間に合わなかったのう!
またの機会にもちこしぢゃ!

次回は『グランドピアノのアクション』について紹介するゾ!
それでは諸君、次回もおたのしみに!なのぢゃ!!



最近のブログ記事