トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  らんで部  >  はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第05回

はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 第05回

2014年8月30日

よいこのみんな、夏休みの宿題はおわったかな?
【はかせ】じゃよ!



みんなと会うのは【アポロまつり】ぶりぢゃな!

はかせ、当日は『オリジナルメダル作成体験』『調律体験』『アポロバンド』でピアノ、ベース演奏...と、「ワシはこのまま死ぬのか...」といういそがしさぢゃったゾ!!



でも、来てくれたみんなの笑顔がみれたこと、それがはかせにとって一番のごほうびぢゃったワイ!
あつく御礼もうしあげそうろう!

次回なにかやるときにも、ヨロシクな!



さて、今回はグランドピアノのアクションを説明するぞ!
アップライトピアノの部品とくらべながら見ていくと、分かりやすいしおもしろいゾ!

第2回 『アップライトピアノのアクション



鍵盤 (けんばん、英keyboard)

アップライトの【鍵盤】と働きはほぼおなじぢゃ!
ただし、大きく違う部分も4つほどあるゾ!

(1) 鍵盤にアクション(英action)がのっている(ネジどめされている)
(2) 左ペダルで、鍵盤とアクション全体が横方向にうごく
(3) バックチェック(英back check)という部品がついている。
(4) ダンパー(英damper)を直接うごかす。



ウィペン (英whippen)

アップライトピアノにおけるウィペン(英whippen)のようなものぢゃ。
日本では『サポート』とも呼ばれておる。
ただし、アップライトピアノにはない特徴、しくみをもっており、それがグランドピアノのすぐれた部分のひとつなのぢゃ。

くわしくは次回説明するゾ!



ハンマーシャンク(英hammer shank)

アップライトピアノのハンマーバット(英hammer butt)とハンマーシャンク(英hammer shank)がいっしょになったようなものぢゃ!
ただし、アップライトピアノにはない調整部品もついておる。

くわしい説明は、次回におあずけじゃ!



ハンマー (英hammer)

ピアノに張ってある弦を【たたく】アップライトピアノでもおなじみの部品ぢゃ!

アップライトピアノと大きくちがうところは、

(1) 弦をたたいてハンマーが戻ってきたときに、鍵盤のバックチェックがハンマーテール(英hammer tail ハンマーの『しっぽ』の意味)をギュッとキャッチする形になっている
(2) ハンマー取り付け位置を正確にするため、シャンクとりつけ穴を貫通させる

というところぢゃ!

具体的な動きの説明は、次回をお楽しみにな!



ダンパー (英damper)

この音をちょうどよい長さで止めるのが、ダンパーの役割ぢゃ。

アップライトピアノとちがうのは、『バネ(英spring)』の力でもどるのではなく、『重力(英gravity)』の力でもどるところぢゃ!
重力については【ニュートン先生】に聞いてくれ!!

また、鍵盤のところでも説明したが、鍵盤が直接ダンパーを動かすしくみになっておる。

さらにさらに、『ソステヌート(伊sostenuto)』というしくみのついたグランドピアノが現在では一般的じゃ!
このへんの動きについても、次回にまわさせていただこう!



というわけで、今回はグランドピアノの主な部品について説明した!
次回はこれらの動きをコントロールする部分について説明するゾ!
また、実際に動いている動画も紹介するのでご覧くだされ!

今回の部品については、次回も登場するので、復習を忘れぬようにな!

それではまた会おう!なのぢゃ!!



最近のブログ記事