トップページ   >  月面基地-つきのうらがわ-  >  らんで部  >  はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 ちょっとコーヒーブレイク

はかせののんびり教室 【ピアノのしくみ編】 ちょっとコーヒーブレイク

2014年11月21日

よいこのみんな、こんにちはなのぢゃ!
はかせぢゃよ。



この【ピアノのしくみ編】は全15回で完結することになっておる。
前回で8回おわり半分すぎたところぢゃが、なんとなくピアノの構造はわかってもらえたかな?
わかりにくいところ質問などあったら、ぜひ こちらのフォーム から送ってくれたまえ!
ご意見ご要望もおまちしておるゾ!!



次回の第9回からは『ピアノの調整について』、『ピアノの歴史』についてなどにふれて、最後の第15回には全体のまとめをするゾ!
こうごきたいあれ!



さて、今回は中間折り返し地点の休憩として、以前ちょこっとだけご紹介した【アップライトピアノのシフトペダル】について紹介させていただこう!



この【アップライトピアノのシフトペダル】を作ったのは、なんと、うちの会社『東洋ピアノ』なのぢゃ!
このしくみは『スライド ソフト システム(Slide Soft System)』、略して『SSS(スリーエス)』といって、世界でも東洋ピアノ(アポロ)のピアノにしかついておらぬ
うちだけの技術ぢゃ!



このペダルシステムのよいところは、かんたんに言うと次の2点ぢゃ!

  • グランドピアノとおなじペダル操作で音色を変えられる
  • 連打がきく

つまり、上級者用の曲でもアップライトピアノでむりなく演奏できるのぢゃ!



しくみは非常に簡単で、グランドピアノのアクションのように、鍵盤にアクションがのっかっており、鍵盤が右にシフトするとアクションもいっしょに右にうごくのぢゃ!



アクションが右にうごくとどうなるかというと、、、

ハンマーがたたく弦の本数が少なくなり、音がソフトになる。
また、グランドピアノとおなじく、ハンマーのやわらかい部分が弦をたたくことになり、音色もやわらかく変化するのぢゃ!
これで『音色を変える必要のある曲』を、グランドピアノとおなじペダル操作で練習することができる!



次に、連打についての話をしよう。

まずは、次の比較表を見てくれ!
ふつうのアップライトピアノとSSSアップライトピアノとの差はかなり大きいぢゃろう!?
また、グランドピアノともそれほど変わらないのが分かる。

                                   
 グランドピアノSSSシリーズ
アップライトピアノ
普通のアップライトピアノ
一秒間の打弦回数約13回約11回約7回
ソフトペダルを使用した
時の一秒間の打弦回数
約13回約11回約4回


ふつうのアップライトピアノで連打がききづらいわけは、第7回 で説明したような理由ぢゃ!



ふつうのアップライトピアノぢゃと、ソフトペダルをふんでいない状態ではブライドルテープがダラ~ンとしていてひっぱるスピードがおそい。



また、ソフトペダルをふんだ状態ぢゃと、ハンマーバットとジャックのあいだスキマができ、さらに連打がきかなくなる。



SSSの場合ぢゃと、ふつうのアップライトピアノのソフトペダルのようにハンマー全体が前にいくことがないため、ブライドルテープの調整をつねにピンとした状態にすることができる!
これにより、ペダルをふんでいない状態での連打がふつうのアップライトピアノよりもアップする。



また、シフトペダルをふんでも鍵盤アクションが右にずれるだけぢゃ。
ハンマーバットとジャックのあいだにスキマができないため、ペダルをふむ前とふんだ後でも連打のスピードは変わらない



以上、操作性表現力の両面においても 【グランドピアノに一番近いアップライトピアノ】 ということができよう!



興味をもったキミ、こちらのページ もあわせてごらんくだされ!
開発者の佐藤さん』 からのメッセージも見ることができるゾ!



ぜひ、わがのショールームで、このSSSピアノを体験してみてくれたまえ

、、、といいたいところぢゃが、現在このSSSピアノは新品ピアノ中古ピアノすべて売れてしまって、ショールームには在庫がない状態ぢゃ!
大変かたじけない



ぢゃが
来月12月初旬クリスマス前には、新しい試作モデルSSSピアノショールームに展示される予定ぢゃ!
今までさわったことのないみんなも、ぜひこの機会にちがいを体験してみてくれたまえ!

そのころには、べつの『新作ピアノたち』もショールームにならぶ予定ぢゃ!!
そちらもあわせてお楽しみにな!



ではまた3週間後に会おう。さらばぢゃ!



最近のブログ記事