ばらの名前

2015年5月29日

こんにちは、らんで部のNです。

最近どうやら初夏の雰囲気。
梅雨入りの話題もちらほら耳に入る時期になってまいりました。
そろそろ放浪の季節です。



7年程収集している脳内トリップ用資料。
しばしば床の上でジェンガ状態です。



さて、今見頃の花といったらバラ!(このあたりはすでに見頃のピークを越えたかな?花ネタばかりですみません)
先日、ひとりでバラ園へ行ったらあまりの混雑に駐車場をゲットできず、近くのコンビニでアイス一つ買って帰るという、往復約2時間かけてコンビニへアイスを買いに行っただけ!?な休日を過ごしたN。
リベンジすべく、他のバラ園へ行ってきました。



バラに囲まれて常時低空飛行のテンションが初っ端からMAXです。



花の形も沢山あって、花びらが何重にも重なったものから、一重咲きのシンプルなものもあります。
花びらが反るように咲いたり、カップのように内側に丸く咲いたり...と、種類が多くてよくわからないのでまだまだ勉強中です。
丸っこいバラが好きなので、購入して育てておりますがなかなか難しい。


種類がたくさんあって、さらに新種のバラも毎年うまれているので、当然名前もそれはそれはたくさん。
もちろん人物の名前がつけられたバラもありますよ。

広大な敷地内を歩き回って見つけてきました。



『モーツァルト』
ちょっと小ぶりな花がたくさん咲いています。こういうのが一重咲きというそうです。
どうでしょう、モーツァルト。なんだかずっと見ていると愛着が...。



『ショパン』
クリーム色の大ぶりな花が咲きます。花も葉も大きくてパッと目をひきます。
激写していたら(ほぼ手ブレしていました)そんなに珍しいバラなのか?とまわりの人がザワザワしていて恥ずかしかったです。



どうでしょう?皆さんのなかのそれぞれの人物のイメージにぴたっときましたか?
他の音楽家の名前を持ったバラも見てみたくなりますね。
どのような由来でその名前がつけられたのか調べるのもおもしろそうです。



最近のブログ記事