修理

2014年1月22日


みなさんこんにちは。本日はグランドピアノ部屋から製造部のペリーがお届けいたします。

さて、最近のグランド部屋ではどんな作業をしているかといいますと、修理です。
製造メーカーが中古修理とはこれ如何にと思われるかもしれませんが、弊社ではメーカー問わずピアノ修理を承っています。 (詳しくはこちらをご覧ください!)

ホームページの「修理プランについて」という項目で青い字で書いてあります「ハイグレードな修理」というのは、全ての工程を国内で丹念に修理しております。

国産の新品が海外産(アジアなど)より高いのと同じで、全ての工程を国内で修理するのは、値段的には決して安いとはいえませんが
そこには国内ならではの「値段以上の品質」があると信じています。
技術者の視点から言いますと、そこには意地とプライドがあります。(工場長の記事にもありましたが)
値段の高めのハイグレード修理を選んでいただいた方にも、それ以上の満足をお届けできますように日々努力をしております。

ハイグレードと言いましても内容は色々ございますので、お気軽にお問い合わせください。

本日は作業のほんの一部分ですが、バックチェックの交換をご紹介いたします。






古いものを



外して・・・



新しいものを機械にセットしてレバーを赤い矢印の方向に引きます。(手動なのでちょっとだけ力とコツがいります)



付きました。後は角度を調整します。



もちろん寸法を測ったり下準備をしています。

新品の生産過程の紹介に比べて地味ではありますが・・・。

新品といえば、工場長と品質技術部ウマーさんが着々と作り上げております。
そちらについてもまた更新があると思いますので、お楽しみに。



最近のブログ記事