木の音?

2015年3月18日

こんにちは。ペリーです。
ようやく気温が20度近くになりましたね。
暖かい日は外でハンモックで寝てみたいです。




さて。最近部屋を片付けていたらクローゼットから学生時代に使っていたスティックやらマレットやらが出てきました。
(あんなに持っていたティンパニ用が1つも見当たらないなんて!)
そういえばバラで売っているスティックを1セット買うとき(いっぱいある中から2本選ぶということです)
同じ重さのものがいいとか、曲がっていないものがいいとか
諸説ありますよね。
一応重さが量れるようにスティック売り場の横には、はかりが置いてあることが多いです。
あとは、スティックで自分の頭を軽く叩くのです。
(本当に軽くですよ!!!そして決して他の人の頭を叩いてはいけません!!!!)
そうすると、あら不思議。音が違うんです。
密度などで違うらしいです。できるだけ音が近いものを選ぶと良いようです。



ちなみに、木の種類によって音が違うといわれているスティック。
調律師の持つチューニングハンマーのハンドルも木製のものが多いですが、これも種類が違うと音が違うと言われる方もいらっしゃいます。
なんとなく、感じる部分は似ているのではないでしょうか。



スティックと一緒にチューニングキーも出てきました。
ドラムセットのチューニングはこのチューニングキーでしていたのですが、
私には難しくて曖昧なまま学生時代が終了しました。
どうにも音がドレミで聞こえないものは苦手です。
(聞こえないというのは語弊がありますが話が長くなりそうなので勘弁してください)



最近のブログ記事