トップページ   >  ピアノコンクール・グレード PIARA  >  ピアノグレード PIARA  >  第24回浜松会場 PIARAグレード試験 無事終了

ピアノグレード PIARA

ピアノグレード PIARA PIANO GRADE

第24回浜松会場 PIARAグレード試験 無事終了(2008/12/15)

Hamamatsu-081207-001.jpg

今年もクリスマスバージョンのAPOLOホール(浜松市)にてグレード試験が開催されました。
家族皆さんでお越しくださった方も多くとても温かい発表会のようなグレード試験を開催する事が出来ました。
今回はお父さん方も沢山お見えになりました。

最近ではデュオグレードを受験する方が増えました。

Hamamatsu-081207-002.jpg Hamamatsu-081207-003.jpg

試験だけど、デュオはやっぱり楽しそう!

Hamamatsu-081207-004.jpg

審査員の先生方も、採点やコメント記入で大変です!

いつもと違う大きいピアノ!浜松会場のアポロホールでは、スタインウェイのフルコンで演奏します!

Hamamatsu-081207-005.jpg
Hamamatsu-081207-006.jpg

座り方、足の位置、姿勢。
PIARAのグレードでは日ごろのレッスンにおける重要な項目が審査対象になっています!

~ピアノ演奏TPOについて~

特に女の子ですが、寒くなってきた季節のおしゃれは?
ブーツは欠かせません。
また、いつもの通りスニーカー?
しかし今からピアノ演奏、ピアノ実技試験  どうしましょう?

審査員の先生から、演奏をするときの格好や、演奏上の 注意ついてお話がありました。

♪ 本番用の靴を持って来たら?
 ○演奏者としてのマナー違反はもちろんのこと、ペダルを使用する場合にブーツやスニーカーでは適切なペダリングが困難ですよ!

♪ イスの位置、高さは練習のときと同じかな?
 ○いくら一生懸命練習して準備しても、イスの高さや位置がいつもと違ったら、ますます練習通りに演奏出来なくなりますよ!
イスの高さは自分で変えられるようになりましょう♪

♪ ペダルはちゃんとかかってる?
 ○ペダルは、自分の演奏を良く聴いて踏まないといけません。
 いつも通りに決めたタイミングで踏んでも、ピアノによってかかり具合や深さも違ってきます!「良く聴いて踏む」を心がけましょう♪

♪ 伴奏、ちょっと強すぎない?
 ○自分の演奏を良く聴いていないと、左手の伴奏が強くなってしまい がちです。良く音を聴いて、バランスを整えましょう♪