ピアラ

ピアラからのお便り

第15回PIARAピアノコンクール北近畿予選会レポート(2010/11/22)

会場入口.JPG

 

みなさんこんにちは!!


 

今日は11月14日に開催された北近畿予選会のレポートを掲載致します。

♪北近畿予選事務局レポート♪

ジュニアB部門で 最優秀賞を受賞された方は、今回は入賞を諦めていて会場を後にされていましたが、受賞の知らせを聞いてビックリ!!

急いで会場に戻り、受賞式後、審査員室での「受賞式」となりました。


 

 又、審査員の先生からは貴重なアドバイスをいただきました。

芹澤先生より。

♪ 「音楽は表現が難しいので、暗譜ができても そこはスタートラインとして、自分が弾きたい音のイメージが聴く人に伝わる様、工夫して練習していけば、もっと素晴らしい演奏ができる様になりますので、これからも頑張って下さい。」


石川先生より。

♪「みなさん、演奏のレベルが高く点数の開きが少ない大会でした。
ただ、コンクールは演奏だけでなく舞台に入ったらそこから勝負は始まっています。歩き方一つ一つでも変わってきます。
演奏は譜面から脳細胞に伝わり、心がそのまま音に現れ、旋律をもう一人の自分に聴かせてみて、それで他人を感動させられるか考えながら練習してみて下さい。」

表彰式の様子


表彰式.JPG
 

 

 


 

 

ロビーの様子
ロビーの様子.JPG
 

 本部事務局より。

今年も北近畿予選会へ多勢のみなさんにご参加いただき、ありがとうございました。

地区大会へ入選されたみなさまの関西地区大会でのご活躍をお祈り致します。